人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ひとり

今日、父が亡くなりました。
一戸建てで、私の部屋は2階にあり、トイレ洗面台も2階のを使う。
父の部屋は1階で、トイレ洗面所も1階のを使う。

そんな生活環境で、
朝、起きた私は、キッチンへ行くために、1階へおりると、
少し扉の開ていた、1階のトイレで倒れている父を見つける。

声をかけても、返事はなく。
触ると冷たく。
脈を触るとなにもふれず。

すぐに、119へ連絡して、指示された通りに、
救急隊が来るまで、胸骨圧迫をする。

緊急隊がきて、いろいろしてくれる。
近所の人たちが異常事態に気が付いて、
心配して駆けつけてきてくれる。

病院に搬送し、処置をしてくれるも、
どうにもなりませんでした。


朝、トイレへ行って、した形跡があり、
パンツを上げ、股引を上げようとしたところで、
倒れたようでした。

病院で調べてもらったことによると、
トイレで倒れて、1時間近く経っていたようです。


私は父が倒れたことに、気がつかなかった。
父は、寒いトイレで、1時間も倒れていた。
1人で苦しんで、倒れていた。

体調があまり良くなかった私は、
シフトが遅番だったこともあり、1時間寝坊していた。

いつもの時間に起きていたら、
父が倒れたら、すぐに気づいたかもしれないのに。

後悔しかありません。
何もしてあげられなかった。
1人で死なせてしまいました。


病院でなく、自宅で倒れたので、
間に、警察が入りました。

病院から私だけ、警察の車に乗って、
自宅に戻り、警察の人たちと現場検証。
父は、病院から検視へ回されました。

警察の人の配慮で、
解剖など、身体に傷をつけないよう
検視する医師にお願いをしてくれました。

冠状動脈硬化症による虚血性心不全が死因だそうです。

死因とか手続き上、必要だけど、
私にはどうでもいいです。

ただ、父が死んだってこと。
何もしてあげられず、死なせたってこと。

父と私のふたり暮らしで、
私は何もできなかった。
何のために、一緒に暮らしていたのか。



どこかに吐き出したくて、
近所の人や親戚や職場の人たちは、優しく、
心配で来てくれたり、連絡をくれるけど、

本心は言えず。
笑顔で、大丈夫です。
気遣いありがとうございます。



だから、ここで、
本当の自分を出せるここに書きました。




    


by jyuri-woman | 2019-02-08 23:11 | 雑多  

横浜のお風呂屋とホルモン屋

寒い日は、温かいお風呂に入りたくなりますね。
温泉露天風呂がいいけれど、それは無理なので、
今回は、横浜駅のビルの中にある、お風呂屋へ行ってきました。

2019年1月23日 水曜日。
横浜駅の地下を歩き、スカイビルの14階へ。
c0217931_20114955.jpg
c0217931_20115512.jpg
    
右へ行くと、お風呂屋さん。
左へ行くと、エステサロン。
一般入浴5時間にタオル、館内着付きで、クーポンを使って2100円です。
ちょっと高めだけど、アメニティーがいいから許す。
c0217931_20122528.jpg
    
明るいパウダールームからは、横浜駅東口付近が見られます。
あっ!前住んでいた建物が見えた。
ドライヤーだけでなく、ヘア・アイロンも完備。
c0217931_20123877.jpg
c0217931_20124371.jpg
    
お風呂は、そんなに広くはない。
でも、クレンジングも洗顔料も
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープも有名メーカー。
c0217931_20125332.png
   
のんびり入って、女性専用の休憩室で、
お笑いチャンネルを見て、過ごします。
c0217931_20130298.jpg
c0217931_20130607.jpg
    
再び、お風呂に入って満喫しました。
火照った身体を休めるために、
男女共通の休憩室。こちらもいい眺め。
c0217931_20131799.jpg
c0217931_20132198.jpg
    
お風呂に入ったら、お腹がすきました。
お風呂屋内にもレストランがありましたが、
こーゆう場所って高いでしょ?だから嫌い。
  
お店など寄り道せず、お寿司屋さんへ向かいます。
だって、ランチタイムの終了時間が迫ってる!
c0217931_20133335.jpg
   
グラスビールとランチ握り。幸せ~☆
c0217931_20135103.jpg
c0217931_20135592.jpg
   
お店をふらふら見て回ります。
c0217931_20140928.jpg
   
そしていつもの、ホルモン屋によって帰りました。
ビールと焼酎ホッピー割。レバーとカシラとタン。
c0217931_20141704.jpg
c0217931_20145007.jpg
    
いつも、ホルモン屋には、混む前の開店直後に行きます。
17:15には暖簾をくぐり、いつもの席へ。

17:30頃からポツポツと常連の男性客が、
ひとり、そしてまたひとり。

ここの店主は女性です。
ママとか、女将とか呼ばれています。

そんな店主と常連客との話を、聞きつつ、
店内のテレビを見つつ、LINEをしつつ、スマホを見つつ、
呑んで食べていると、

女将と、常連客の男性たちのお喋りが、
急に私に話しかけてきた。

常連客A 『ね~彼女、ここ初めて?違うよね、何度か見たことあるよね?』
店主女将『彼女はもう、ずっと来てくれてるわよ』
常連客B『そうそう、知ってる、いつもその席だよね』
店主女将『そうなのよ、お客さんみんな決まってる席に座るの』
常連客Bうん、俺はここが好き』
常連客A『俺もこっちの席が落ち着くんだよ
     話したのは今日始めてだけど、常連なんだね!
     これから顔を合わせたら、よろしくね~!』
常連客B『あっ俺も、よろしく~!』
店主女将『うふふ、ありがとうね~♪』

女将と常連客2人と、乾杯しました。

嬉しかった~☆
だって、店主の女将に、常連だって認めてもらえて、
常連客からも、覚えてもらっていて
仲間に入れてくれたように、乾杯してくれたの♪

ひとり呑みから始まる、ひとり呑み仲間。
不思議な感じだけど、面白い。
そして、なんだか温かく感じる時間でした。




by jyuri-woman | 2019-02-05 19:40 | 散歩&銭湯 | Comments(10)